第144回芥川賞と直木賞 ともに2作品

2011.01.17 Monday

評価:
朝吹 真理子
新潮社
¥ 1,365
(2010-10)
コメント:芥川賞受賞作品

評価:
西村 賢太
新潮社
---
(2011-01-31)
コメント:芥川賞

第144回芥川賞と直木賞の受賞作が、17日に発表されました


今回はダブル受賞ですね。私も皆さんと一緒で興味をもった


作品なので注文してみようと思っております。


このダブル受賞は7年ぶりの快挙ですね。これで4作品をしっかり


読めるのでたのしみですね。


まずは、芥川賞の2作品を紹介しますね。ぜひ皆さん読んでみてください。


芥川賞に選ばれたのは、朝吹真理子さんの「きことわと、西村賢太さんの「苦役列車


次は直木賞の記事を書きますね。

【受賞内容】
朝吹さんは慶応義塾大学の大学院生で、東京都出身の26歳。去年、「流跡」でBunkamuraドゥマゴ文学賞を最年少で受賞し、作家としてデビューした。受賞作の「きことわ」は、子供時代を一緒に過ごした女性2人が25年ぶりに再会し、過去と現在を行き来しながら交流する様子を描いた作品。

 西村さんは、東京都出身の43歳。中学校を卒業後、アルバイトなどで生計を立てながら03年に小説を書き始めた。今回受賞した「苦役列車」は、その日暮らしの労働で生計を立てる19歳の孤独と貧困を描いた作品。
情報提供:日テレニュース

comments(0) | trackbacks(0)

comment
コメント
::

::

::

::


trackback
トラックバック
trackback URL
トラックバックはこちらへ
<< ネットで新宿駅の通り魔予告を2ちゃんねるで!!! | main | 芥川賞と直木賞のダブル受賞作です!直木賞の作品はこれです >>